close
1.

学位論文

学位
都 旺緑 ; ド ワンロク ; Do Wanglok
出版情報: 2019-03.  福岡工業大学 — フクオカ コウギョウ ダイガク — Fukuoka Institute of Technology
URL: http://hdl.handle.net/11478/1209
2.

学位論文

学位
窪田 涼介 ; クボタ リョウスケ ; Kubota Ryosuke
出版情報: 2019-03.  福岡工業大学 — フクオカ コウギョウ ダイガク — Fukuoka Institute of Technology
URL: http://hdl.handle.net/11478/1210
3.

学位論文

学位
劉 怡 ; リュウ イ
出版情報: 2019-03.  福岡工業大学 — フクオカ コウギョウ ダイガク — Fukuoka Institute of Technology
URL: http://hdl.handle.net/11478/1211
4.

学位論文

学位
Kittipanyangam Soranut ; キッティパンヤーガーム ソラナット
出版情報: 2019-09.  福岡工業大学 — フクオカ コウギョウ ダイガク — Fukuoka Institute of Technology
URL: http://hdl.handle.net/11478/1368
5.

学位論文

学位
坂本 真仁 ; サカモト シンジ ; Sakamoto Shinji
出版情報: 2018-03-01.  福岡工業大学 — Fukuoka Institute of Technology
URL: http://hdl.handle.net/11478/885
概要: Wireless Mesh Networks (WMNs) are gaining a lot of attention because of their low cost nature that makes them attractive for providing wireless Internet connectivity. A WMN is dynamically self-organized and self-configured, with the nodes in the network automatically establishing and maintaining mesh connectivity among themselves. In WMNs, the mesh node placement is a very important problem. However, this problem is known to be NP-hard. To deal with this problem, new methods, algorithms and systems are needed.  In this thesis, we design and implement intelligent and hybrid systems in order to solve the node placement problem in WMNs. We consider a bi-objective optimization in which we first maximize the network connectivity through the maximization of Size of Giant Component (SGC) and then the maximization of the Number of Covered Mesh Clients (NCMC). We evaluate the implemented systems by many simulations. From the evaluation results, we found that the hybrid systems have very good performance for optimizing the node placement in WMNs.  This thesis contributes in the research field as following: 1) Implementation of intelligent systems for solving node placement problem in WMNs. 2) Evaluation of various intelligent algorithms based systems for different scenarios. 3) Comparison of implemented intelligent and hybrid systems. 4) Implementation of WMN simulation system using Network Simulator 3. 5) Application of implemented system for WMN node placement problem in a realistic scenario. 6) Give insights about future developments and integration of WMNs as an important technology in wireless communications.  This thesis is constructed by 8 Chapters. Chapter 1 presents the background, the motivation and thesis structure. Chapter 2 introduces general aspects of wireless networks. Also, Wireless Sensor and Actor Networks (WSANs) and Mobile Ad-hoc Networks (MANETs) are explained as a related work to this thesis. In Chapter 3, we explain about the node classification in WMNs and routing protocols for WMNs. In addition, we define the Node Placement Problem in WMNs. In Chapter 4 are discussed intelligent algorithms such as Hill Climbing (HC), Simulated Annealing (SA), Tabu Search (TS), Genetic Algorithm (GA), Ant Colony Optimization (ACO) and Particle Swarm Optimization (PSO). We present in details the PSO algorithm in Chapter 5. The implemented intelligent and hybrid systems are presented in Chapter 6. Chapter 7 shows the evaluation and comparison of implemented systems by conducting simulations and application for a realistic scenario. In Chapter 8, we give some concluding remarks and future work. 続きを見る
6.

学位論文

学位
Elmazi Donald
出版情報: 2018-09.  福岡工業大学 — フクオカ コウギョウ ダイガク — Fukuoka Institute of Technology
URL: http://hdl.handle.net/11478/1205
7.

学位論文

学位
伊 浩 ; イ コウ
出版情報: 2018-09.  福岡工業大学 — フクオカ コウギョウ ダイガク — Fukuoka Institute of Technology
URL: http://hdl.handle.net/11478/1207
8.

学位論文

学位
槇 俊孝 ; マキ トシタカ ; Maki Toshitaka
出版情報: 2017-03-08.  福岡工業大学 — Fukuoka Institute of Technology
URL: http://hdl.handle.net/11478/886
概要: 本論文では,知識として活用できないLinked Dataを知識ベース化するResource Propagation Algorithm(RPA),観光語彙基盤,動向分析システムをパッケージ化した新しいオープンプラットフォームについて述べる. RPAは,文字列型のリソースからキーワードを抽出してカテゴリを同定し,IRIリソースに変換した後に,グラフ構造に基づいて潜在的なリンクを推定する新しいアルゴリズムである.RPAは,従来のLabel Propagationとは異なり,述語に基づいてリンク(エッジ)の柔軟な重み変更を実現しており,また,教師データが不要なため様々な種類のLODを対象として知識ベースの生成が可能である.観光語彙基盤は,乱立した観光領域の述語を統一化する述語セットであり,IRI型のリソースを基軸としている.LODの知識ベース化によって二次利用が容易になるだけでなく,推定されたリソースの概念であるキーワードやカテゴリを用いることで高度な活用が可能となることを確認した.例えば,従来の統計データだけは計測できない地域の特色を定量的に分析できる他,ナビゲーションとして利用可能な質問応答システムを実装できることを確認した.本オープンプラットフォームは,Linked Dataを知識ベース化してデータインフラの構築に貢献する非常に有用なものであり,LOD Challenge 2016において優秀賞,並びにLOD for 地域創生賞を受賞し,また,電子情報通信学会I-Scover主催のコンテストにおいても最優秀賞,並びに優秀賞受賞して脚光を浴びている. 本論文の構成は以下の通りである. 第1章では序論として研究背景や関連研究,研究目的,特色と独創的な点を述べる.第2章ではオープンデータについて概説し,第3章でLinked Dataの概説とともに現状課題を議論する.第4章でオープンプラットフォームであるRPA,共通語彙基盤,及び動向分析システムについて述べる.第5章で実験と考察を議論し,第6章では本論文の総括と今後の展望を述べる. 続きを見る
9.

学位論文

学位
Oda Tetsuya ; オダ テツヤ ; 小田 哲也
出版情報: 2016-03-20.  福岡工業大学 — Fukuoka Institute of Technology
URL: http://hdl.handle.net/11478/385
10.

学位論文

学位
山本 伸也 ; ヤマモト シンヤ ; Ymamoto Shinya
出版情報: 2016-03-20.  福岡工業大学 — Fukuoka Institute of Technology
URL: http://hdl.handle.net/11478/386
*:* に関連するキーワード: