>> Google Books

方法としての構築主義

責任表示:
中河伸俊, 赤川学編
言語:
日本語
出版情報:
東京 : 勁草書房, 2013.9
形態:
vi, 252p ; 22cm
著者名:
目次情報:
構築主義で何をするのか : 経験的探究の方途の成熟のために 中河伸俊著
「ひきこもり」社会問題化における精神医学 : 暴力・犯罪と「リスクの推論」 工藤宏司著
「安全・安心」というるつぼ : 生活安全条例を中心に 山本功著
社会問題のサイクルと経路依存性 : 「非実在青少年」規制をめぐって 赤川学著
緩慢な自殺から緩慢な殺人へ : 日本における喫煙問題と受動喫煙という概念 苫米地伸著
ケースを記録する : 強調する,省略する,共有する 木下衆, 緑山清著
男の猥談に現れる女の性欲 : 1960年代雑誌記事の「レスビアン」言説 杉浦郁子著
近代日本における被害者像の転換 佐藤雅浩著
戦後日本の団地論にみる「個人主義」と「家族中心主義」 : 「孤立」をめぐる言説史の視点から 梅田直美著
写真と写真ディスコース : コンポラ写真をめぐるカテゴリーの遷移 佐藤哲彦著
種の曖昧な縁 : ハッキングの歴史的存在論について 石井幸夫著
社会問題の構築とレトリック : 論法・転義・同一化 林原玲洋著
構築主義との出会い 赤川学著
構築主義で何をするのか : 経験的探究の方途の成熟のために 中河伸俊著
「ひきこもり」社会問題化における精神医学 : 暴力・犯罪と「リスクの推論」 工藤宏司著
「安全・安心」というるつぼ : 生活安全条例を中心に 山本功著
社会問題のサイクルと経路依存性 : 「非実在青少年」規制をめぐって 赤川学著
緩慢な自殺から緩慢な殺人へ : 日本における喫煙問題と受動喫煙という概念 苫米地伸著
ケースを記録する : 強調する,省略する,共有する 木下衆, 緑山清著
続きを見る
ISBN:
9784326602568 [4326602562]
書誌ID:
BB13415247
フォーマット:
図書
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

桜井, 厚(1947-), 石川, 良子(1977-), 西倉, 実季, 青山, 陽子, 張, 嵐(1983-), 八木, 良広(1979-), 矢吹, 康夫(1979-), 倉石, 一郎(1970-)

新曜社

中河, 伸俊(1951-), 渡辺, 克典

新曜社

平, 英美, 中河, 伸俊(1951-)

世界思想社

8 図書 理論と方法

高坂, 健次(1944-), 厚東, 洋輔(1945-)

東京大学出版会

Plummer, Kenneth, 原田, 勝弘, 川合, 隆男(1938-), 下田平, 裕身

光生館

谷, 富夫(1951-)

世界思想社

赤川, 学(1967-)

勁草書房

池田, 央(1932-)

東京大学出版会

Hage, Jerald, 1932-, 小松, 陽一(1944-), 野中, 郁次郎(1935-)

白桃書房

Durkheim, Emile, 1858-1917, 佐々木, 交賢(1926-)

学文社

佐藤, 俊樹(1963-)

ミネルヴァ書房

Durkheim, Emile, 1858-1917, 菊谷, 和宏(1969-)

講談社